見出し画像

理想のiOS-ASO対策・テキスト作成

いつもASO対策の教科書をご覧いただき、誠にありがとうございます!

今回は私たちが考える「理想のiOS-ASO対策・テキスト作成」についてお伝えしていきたいと思います。全アプリマーケター必見の記事になっています!

・・・


理想のASOテキスト作成について

【理想のASOテキスト作成のポイントについて】
 ①キーワード選定の最適化
 ②ASOテキストの最適化
 ③ASO対策キーワード分析

①キーワード選定の最適化:
まず最初に取り上げるのは「キーワード選定の最適化」についてです。キーワードの最適化は、ASOの中で非常に重要な要素です。「最適化」という言葉に注目していただきたいと思います。最適化には必ず理想的な状態が存在し、その理想に向けた具体的な手法が求められます。

②ASOテキストの最適化:
次に「ASOテキストの最適化」です。このセクションでは、アプリの説明文や他のテキスト要素を理想の状態に近づける方法について解説します。効果的なASOテキストの最適化は、ユーザーの関心を引き、アプリのダウンロード数を増加させるために不可欠です。

③ASO対策キーワード分析:
最後に「ASO対策キーワード分析」についての説明です。この機能は、効果的なキーワード戦略を実行するためのサポートツールです。具体的な使用方法や効果について、簡潔にご説明します。



①キーワード選定の最適化

理想のキーワード選定
アプリストア最適化(ASO)において、キーワード選定は成功の鍵となります。例えば「コミック」に関連するアプリの場合、「コミック」「漫画」「電子書籍」などのキーワードを選定する必要があります。これらのキーワードの選び方次第で、アプリの検索ランキングやダウンロード数に大きな影響を与えることができます。

キーワード数の重要性
キーワード選定の際、多くのキーワードをターゲットにしたいと考えるかもしれません。例えば、「漫画」「書籍」「電子コミック」の全てで上位表示を目指すということです。このようなケースでは、3つ程度のキーワードまでであれば現実的に達成可能です。

しかし、これを1万個のキーワードに広げるとどうなるでしょうか?一つや三つのキーワードで上位を狙う場合と比較すると、キーワードの数が増えるほど、各キーワードでの検索ランキングの上昇率は低くなります。下図は、キーワード数と検索ランキング上昇率の関係を示しています。

理想のキーワード選定について

ASO対策を行う際に、最も重要なのはどのキーワードで上位表示させたいかを明確にすることです。これにより、テキストの内容やその他の最適化戦略が決まります。

理想のキーワード選定には以下のステップがあります。

1.対策キーワードの絞り込み:
対策キーワードは基本的に3つまでに絞り込むことを推奨します。少なければ少ないほど、各キーワードの検索ランキング上昇率は高くなります。

2.優先順位の設定:
キーワードごとの重要度を明確にし、リソースを集中させる。例えば、「コミック」に向けて100点(100点中)とりたい、「電子書籍」に向けては20点(100点中)といった具合に、どのキーワードにどれだけ力を入れるかを決めます。

3.実績データの活用:
Apple Search Adsのデータを利用し、コンバージョンが高くインプレッションが多いキーワードをターゲットに設定します。



②ASOテキストの最適化:

▼検索に関係するストアセット

次に、効果的なASOを行うためには、App Storeの検索アルゴリズムやインデックス化される要素について理解しておくことが必要です。以下に、ASOにおける検索対象のアセットとその重要性について説明します。

検索に関係するストアアセット

App Storeの検索対象となるアセットには以下のものがあります。

1.タイトル
2.サブタイトル
3.プロモーション用テキスト
4.概要(説明文)
5.キーワード(100文字)
6.アイコン名
7.開発者名
8.アプリ内課金


これらのアセットがインデックス化されているかどうかは、検索結果に大きな影響を与えます。具体的には、これらのアセットに含まれるキーワードがユーザーの検索に一致すると、そのアプリが検索結果に表示されやすくなります。

インデックス化の重要性:
インデックス化とは、特定のキーワードが検索対象として認識されることを指します。以下のアセットがインデックス化されることが確認されています。

・タイトル
・サブタイトル
・概要(説明文)
・キーワード(100文字)
・アイコン名
・開発者名
・アプリ内課金名

これらに含まれるキーワードは、ユーザーが検索した際にアプリが表示される可能性を高めます。例えば、タイトルやサブタイトルに「映画」というキーワードが含まれていれば、ユーザーが「映画」と検索した際にそのアプリが表示される確率が高まります。

概要(説明文)のインデックス化:
概要(説明文)が検索対象になるかについては議論がありますが、結論として私たちのこれまでの経験から、インデックス化されるため対策が必要です。特にApp Storeでは概要(説明文)が検索対象として認識されるため、キーワードを適切に含めることが重要です。

コントロールできる領域とその影響:
検索対象となるアセットの中で、実際にコントロールできる領域は限られています。以下が主要なコントロール可能なアセットです。

タイトル
サブタイトル
プロモーション用テキスト
概要(説明文)
キーワード

これらのアセットを効果的に最適化することで、検索結果の上位に表示される確率を高めることができます。

コンバージョンへの影響:
プロモーション用テキストは直接検索対象にはなりませんが、コンバージョンに大きな影響を与えます。具体的には、ユーザーがアプリの詳細ページを見た際に、これらのテキストがインストールの意思決定に影響を与えることがあります。

以上、ASO対策を行う上で、検索対象となるアセットを理解し、これらに適切なキーワードを含めることが重要です。また、コンバージョンに影響を与えるアセットについても注意を払い、ユーザーがインストールしたくなるような最適化を行うことが成功の鍵となります。

この前提知識を押さえた上で、具体的なキーワード選定やアセットの最適化に取り組むことで、効果的なASO対策を実現できます。

ここからはそれぞれの詳細について見ていきたいと思います。

▼タイトルとサブタイトル

タイトルとサブタイトルについて

タイトル、サブタイトルについてお話ししたいと思います。
これらはアプリの発見性とダウンロード数に大きく影響を与えるため、非常に重要です。

特に覚えておいていただきたいのは、タイトルとサブタイトルに関しては部分一致が機能するという点です。例えば、「Off Road Driver」というタイトルがあった場合、「Road」や「Driver」というキーワードで検索した場合にも反応します。

完全一致でなくても、部分一致が機能し、タイトルやサブタイトル内に含まれているキーワードが検索結果に表示され、幅広い検索クエリに対応することが可能です。

また、ローカライズ可能な情報をタイトルやサブタイトルに含めることで、特定の地域や言語に適した検索結果に表示され易くなります。これにより、グローバル市場でのアプリの発見性が向上します。

▼プロモーション用テキスト・概要・キーワードフィールド

プロモーション用テキスト・概要・キーワードフィールド

プロモーション用テキスト、概要、キーワードフィールドについて触れていきたいと思います。

まず、プロモーション用テキストについてです。プロモーション用テキストはインデックスされないため、直接的には検索結果に影響を与えません。しかし、コンバージョン率に大きく影響する要素です。

実際に私たちが行ったテストでは、ゲームアプリのプロモーションテキストに「今なら全課金アイテムが20%オフ」と記載した結果、インストール率が約10%増加しました。これは非常に重要な結果で、例えば1万件のインストールが1万1000件になります。仮に1インストールあたりのコストが300円の場合、CPI(Cost Per Install)が270円に減少することを意味します。

次に、概要(説明文)です。概要は検索結果に影響を与えるため、適切なキーワードを含めることが重要です。概要にはアプリの特徴や利点を具体的に記載することが求められます。この部分は、ユーザーがアプリをダウンロードするかどうかを判断する際に参考にするため、明確で魅力的な文章を心掛けることが重要です。

最後に、キーワードフィールドについてです。このフィールドは、特定のキーワードで検索された際にアプリが表示されるように設定する重要な場所です。例えば、「漫画無料」といったキーワードを「漫画、無料」のようにカンマで区切って設定することで、「漫画」や「無料」といった検索クエリに対してアプリが検索結果に表示されるようになります。キーワードフィールドは100文字しか使えないため、慎重に選定することが求められます。

▼アイコン名・アプリ内課金名・開発者名

アイコン名・アプリ内課金名・開発者名

アイコン名、アプリ内課金、開発者名に触れていきたいと思います。

アイコン名は検索対象になります。例えば、カレンダーアプリの場合、「カレンダー」という名前がそのまま検索結果に反映されます。ただし、iPhoneの検索では部分一致は機能せず、完全一致のみが対象となります。つまり、「カレンダー」で検索しないとそのアプリは表示されません。

アプリ内課金名も検索対象です。例えば、アプリ内課金で「ChatGPTを利用したチャット」という名前があれば、「ChatGPT」で検索したときにそのアプリが検索結果に表示されます。サブスクリプションや課金アイテムの名前が具体的に検索キーワードとして機能するため、ユーザーが何を検索してもアプリが見つかりやすくなります。

開発者名も検索対象です。例えば、「Incredible Technologies, Inc.」という名前の開発者が作ったアプリは、「Incredible」で検索すると表示されます。開発者名については部分一致機能が利きますので、開発者名に関連するキーワードでの検索結果にアプリが表示されやすくなります。

アイコン名、アプリ内課金名、開発者名は、検索結果に影響を与える重要な要素です。これらの名前を適切に設定することで、アプリの発見性を高めることができます。ただし、一部完全一致の必要性などの制約もあるため、戦略的に名前を選定することが求められます。

▼理想のASO対策を行う前の前提知識~検索キーワードにおける「関連性」

前提知識として知っていただきたい『検索キーワードにおける関連性』についても触れていきたいと思います。

本項をご覧いただく前に別記事(【超重要】iOSのASO対策とApp Store検索アルゴリズム)でも取り上げていますので併せてご覧ください。

検索キーワードにおける「関連性」

間接的な関連性とは、検索キーワードと関連性のある他のキーワードやアプリが検索結果に表示される現象です。これは、ユーザーの検索意図や関連するトピックを考慮して、検索結果が表示される仕組みです。

事例1: タップルとペアーズ・WITH (*2024年3月時点)

「タップル」と検索したときに、「ペアーズ」や「WITH」が検索結果に表示されることがあります。これは、これらのアプリが直接「タップル」というキーワードをタイトルやサブタイトルに含めているわけではありません。
・直接的なキーワード挿入:
ペアーズやWITHが「タップル」というキーワードを直接設定しているわけではない可能性が高い。
・間接的な関連性:
これらのアプリは、同じマッチングアプリや出会い系というカテゴリに属しており、ユーザーの検索意図として関連性が高いと判断されるため表示されます。

事例2: 八王子とローソン・au PAY (*2024年3月時点)

「八王子」と検索したときに、「ローソン」や「au PAY」が検索結果に表示されることがあります。
・直接的なキーワード挿入:
ローソンやau PAYが「八王子」というキーワードを設定している可能性は極めて低い。
・間接的な関連性:
八王子という地名に関連するキーワード(例えば「店舗」や「決済」など)と関連性があるため、これらのアプリが表示される。

関連性の具体例
1.タップルの関連キーワード:
 マッチングアプリや出会い系アプリのカテゴリに属するキーワード。
 関連キーワード: ペアーズ、WITH、マッチング、恋活、出会い系。
2.八王子の関連キーワード:
 地名に関連するローカル情報や店舗、決済サービス。
 関連キーワード: ローソン、au PAY、PayPay、ポイント、決済。

間接的な関連性の仕組み
検索エンジンはユーザーの検索意図を推測し、関連性の高い結果を表示するために以下のような要素を考慮していると考えられます。
1.ユーザー行動:
例えば、八王子に関連する検索がローソンの利用と結びつく場合、ローソンが検索結果に表示されやすくなります。
2.カテゴリの関連性:
タップルやペアーズが同じカテゴリに属する場合、同じカテゴリの他のアプリが関連して表示されることがあります。
3.コンテンツの関連性:
アプリの説明やレビューなどに含まれるキーワードの関連性。

このように、間接的な関連性は、直接的にキーワードを設定していなくても、関連するアプリやキーワードが検索結果に表示される現象となります。

▼関連性の決定方法例

関連性の決定方法を説明する際には、具体的な例を用いて説明するのが効果的です。八王子を例にとると、次のようなステップで関連性が決定されていることがわかります。

関係性の決定方法例

1.検索結果の順位決定:
「八王子」と検索すると、1番目に「桑都ペイ」が表示されます。2番目に「アルコイン」、3番目に「ローソン」、4番目に「auPAY」が表示される。

2.桑都ペイの概要:
桑都ペイは八王子市民限定の決済アプリで、利用するとPayPayのように還元を受けられるサービスです。これにより、八王子市民の多くがこのアプリをダウンロードしました。

3.関連性の検証:
「八王子」と「桑都ペイ」の関連性は高い。桑都ペイは八王子市民向けのアプリであり、八王子市民が多くダウンロードしています。その結果、桑都ペイは「八王子」検索で上位に表示されます。
(下図「八王子のキーワドランク別トップアプリ」の図を参照ください)

4.他のアプリの関連性:
桑都ペイの次に表示される「アルコイン」「ローソン」「auPAY」は、桑都ペイの説明文やタイトルに使われているキーワードと関連性が高いと判断されます。

▼理想のテキスト配置

さらに、ASOテキストを最適化するために、理想のテキスト配置について見ていきたいと思います。下図をご覧ください。

理想のテキスト配置について

理想のテキスト配置には、キーワードの配置、キーワード密度、そしてキーワードの近接度が基本的な要素となります。これらはテクニック的な側面であり、キーワードの配置はその一例です。

キーワードの配置は、キーワードプロミネンス(Keyword Prominence)と呼ばれ、一番左に配置されたキーワードが一番重要だと考えられます。例えば、「brain」と検索をしたときに「Brain Test」や「Brain Out」のように左側に配置されたキーワードの方が重要だという考え方です。
次にキーワード密度(Keyword Density)はキーワードの出現率を示しています。例えば「puzzle games」と検索をしたときに、「puzzle」というキーワードが沢山概要欄に内包されていることが重要という考え方になります。
さらに、キーワードの近接度(​​Keyword Proximity)は、キーワード同士の位置関係を示します。例えば、「escape games」という場合、「escape」と「game」は近接して配置されていることが重要になります。言葉の配置を考える際にも、このような近接度を意識する必要があります。

▼理想のテキスト配置の根拠

そして理想のテキストの配置の根拠を見ていきたいと思います。

理想のテキスト配置の根拠について

あらためてになりますが、キーワードの配置は一番左にあるキーワードが重要であるという考え方に基づいています。
例えば「a」というキーワードを検索すると、「Aloha Browser」が一番上に表示されます。これは「a」というキーワードに対して、一番左にあるアプリが優先的に表示される傾向があることを示しています。次に「b」といったようなキーワードで検索した場合、結果は異なる可能性があります。このようなことが起きるのは、検索結果が複雑に絡み合っているためです。キーワードの配置を調査する際には、少ないトラフィックのキーワードで検索すると傾向がより明確になる可能性があります。

キーワード検索の出現率は、先ほどの「puzzle games」というキーワードを例にすると「Jigsaw Puzzles」と「Offline Games」では1位と2位で上位となる表示順位が決まっています。しかし、すべてのケースでこの例のように順位が一致するわけではありません。これは、検索結果がAppStoreのアルゴリズムによって決定され、ダウンロード数などさまざまな要因が関与しているためです。このような傾向を検証するためには、トラフィックの少ないアプリやキーワードを選択し、説明文を変更してみることが必要です。なお、以前の検証ではこのような傾向が確認されましたが、本記事掲載時点では最新の状況が変化している可能性があります。

そしてキーワードの近接度ですが、例えば、「シフト・給料計算」という語順で検索した場合と、「給料計算・シフト」という語順で検索した場合では、検索結果が異なります。これは、語順が変わることで検索結果が変わるためです。キーワードの近接度は、特定のキーワードが検索クエリの中でどの位置に現れるかによって決定されます。つまり、検索クエリ内でキーワードが近くにあるほど、上位表示される可能性が高くなると考えられます。



③ASO対策キーワード分析

最後になりますが、ASO対策キーワード分析について触れていきたいと思います。

ASO対策キーワード分析は、アプリのオーガニックインストール数を向上させるための重要なステップです。
ここまで
①キーワード選定の最適化
②ASOテキストの最適化
を見てきましたが、ストアアルゴリズムなどアプリの検索環境が様々な要因により変わることで継続的な対応が必要になります。言い換えると、ASO対策でPDCAを回していくためには時間軸でのキーワード単位の分析作業が必要になります。

具体的にはターゲットユーザーがアプリを検索する際に使用する可能性が高いキーワードを分析・特定し、アプリのタイトル、サブタイトル、説明文、およびキーワードフィールド等に新たに組み込んでいきます。
また、関連するキーワードのリストを作成し、その検索ボリューム、競合の強さ等、関連性を評価していきます。ツール(例:キーワードプランナーなど)も積極的に使用してキーワードのパフォーマンスを分析し、最適なキーワードを選定します。

キーワードの選定には、競合他社のアプリを調査し、彼らが使用しているキーワードも参考にする方法が効果的です。さらに、定期的にキーワードのパフォーマンスをモニタリングし、必要に応じて調整することも重要です。

これらの対応を進めることで、アプリのランキングを維持し、オーガニックインストール数を継続的に増やすことが可能となります。



番外編:V.O.X~ASO作成スコア画面~

私たちが日米で運営しております広告配信プラットフォームV.O.X(*)では、ASOテキスト作成の際、直感的にスコアをご覧いただくことでテキストデータ更新の一助としてお役立ていただくことが可能です。

V.O.X~ASO作成スコア画面~

最大850点満点表記で、該当アプリの各テキストを評価します。ユーザーがアプリのタイトルやサブタイトル、説明文などをどのように改善すれば良いかを数字で具体的に示してくれます。

改善要素の例:
・直接的なキーワードの使用
・関連性の高い言葉の使用
・キーワード配置、密度と近接度

各テキストが適切に考慮され、スコアが850点に達すると、ASO対策の効果が最大化されます。特に、キーワードの変更や調整があった場合には、それが効果的であるかどうかをこれらのツールを利用することで客観的に評価することができます。

(*参考:「ASOの限界を超えてオーガニック成長を最大化|V.O.X)



以上、今回は「理想のiOS-ASO対策・テキスト作成」というテーマについて進めてきましたがいかがだったでしょうか。
本記事についてご不明な点などございましたらお気軽に編集部までお問い合わせください!

また無料のASO勉強会なども随時企画しておりますので、ご興味をお持ちの方は弊社ホームページCONTACTよりご連絡いただけますと大変幸いです!

それでは今回のまとめに入らせていただきます!

まとめ

✅理想からASO作成を検討することで、目的とその効果を最大化することができる
✅ASO対策を行う際に、最も重要なのはどのキーワードで上位表示させたいかを明確にすること、すなわちキーワード選定の最適化である
✅効果的なASOテキストの最適化は、ユーザーの関心を引き、アプリのダウンロード数を増加させるために不可欠である
✅効果的なASOを行うためには、App Storeの検索アルゴリズムやインデックス化される要素について理解しておくことが必要である
✅客観的なデータを基に分析を行うことで効果の継続性と最大化を狙うことができる

・・・

最後までお読みいただきありがとうございました。
【ASO対策の教科書】ではアプリにまつわる専門的な情報から心得のようなものまで、その時々のトピックを随時発信しています。

ASO対策の教科書編集部

↓↓導入事例はこちらから

↓↓アプリ広告やASO対策に関するご相談はこちら

↓↓App Store向け総合SEMプラットフォーム「V.O.X」

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!